企業要必見!経営のコスト削減の切り札?その名はコボット!

 ただいまの日本は言うまでもなく生産年齢人口は年々下がり続けています。

また、他の先進国に比べて生産効率も悪いことで有名です。

そのなかで最近話題になっているのがRPA(Robotic Process Automation)です。

 ここで忠告です。

あまりRPAに関して興味の無い方は見る必要の無い記事となります。

ご覧くださる方の貴重な時間は削りたくはありません。

RPAは内容が少し難しいと言われるのでそれでもを理解しようとする気持ちのある方に届けたいと思います。

なるだけ難しくならないように伝えたいと思いますので是非ご覧ください

 



 ずばり今回紹介したいのはコボットPlatformです。 RPAの導入・運用でお困りなら【コボットPlatform】

こちらがそのRPAのソフトウエアになりますがまずは、RPAについて説明したいと思います。

RPA(Robotic Process Automation)

 RPA(Robotic Process Automation)とはコンピュータ上で行われる業務プロセスや作業を人に代わり自動化する技術です。

人間が繰り返し行うクリックやキーボード入力など定常的な業務が自動化できることから、仮想知的労働者(デジタルレイバー)とも呼ばれています。

これは仕組みとしては、その作業の過程を覚えさせることで成り立っています。

RPAのメリット

人的ミスの防止による作業正確性の向上

 人間が行う作業には、ミスが起こってしまうことがあります。

それは怒れませんが、できるならゼロにしたいものです。

人間が集中力を持続できる時間は限られており、繰り返し行う作業は人は実は苦手です。

車の製造ラインではあえて、人が同じ作業を続けて集中力が低下しないように場所を一定時間で変えるなどの工夫をしているところもあります。

逆に、ロボットなどは同じ作業をするのが得意です。

RPAは一度登録した作業を正確に行ってくれるため人的ミスの防止になります。

作業効率

 こちらはもはや言うまでもありませんね。

RPAは24時間365日、休まず働き続けることができます。

こちらは人間ができない時間に働くことができるので作業効率と呼べるかどうかは分かりませんが、表現が難しいですがこれは作業効率が良いと言えると思います。

また、もちろんの事ながら作業スピードが速いので作業効率が良いと言えます。この2つから効率が良いと言えます。

人件費、人材不足 コストカット

 これらはひとくくりにまとめられると思います。

人材不足の要因は基本的に小さい企業やコストカットを狙った結果だといえます。

上の2つのメリットとも被りますが、作業効率が良い=今までの仕事にかかる時間が減るor作業正確性が良い=人の働く時間を減らせる=人数を減らせるとなります。

また、大きな企業の場合ではそこをあえて人数を減らさず開発部に回して良い物やアイデアを生み出す場合やトラブル対策班にまわして消費者対応の面を強くして信頼を得て、売り上げに繋げるという戦略もあります。

女性の働ける場の質が上がる

 これはどのサイトでも取り上げられていませんが、これはかなり重要な所だと思います。

はっきり言って現状女性は現場より事務に回されることが多いのは否めません

しかし、この業務はRPAで対応できますし、なんなら得意分野と言えます。

女性の社会進出は今は増加傾向でありますが、人数は一定数です。今から、例を挙げさせていただきます。

女性を前向きに採用する会社は女性を人数というより、全体の総数の割合で選びます(全体の2割など)。

ある会社はいままで全体の2割の女性を採用していたとします。

そのとき、現場が半分事務業務が半分だとします。RPAの導入によって事務業務の人数が減るとその減った分の人数が現場に行くことができます。

このように社会進出を望む女性は仕事に対してやりがいを求めているのでこのような現象がおきるのはありがたいことだと言えます。

 



RPAのデメリット

トラブルが起きると仕事が止まる

 あくまで、RPAを導入したら作業をしてくれていることを前提に人は仕事を行います。

ですが、それがとまってしまうと全体の動きに影響を与えることが考えられます。

これはしょうがないことかもしれませんが、信頼できるソフトフェアを選べば基本的に起きないのでこのデメリットは最悪の想定に近いと言えます。

また、トラブルに対応できる技術力のある人材を数名雇えば、RPAを導入する前に雇っていた人件費とトータルコストで考えた場合、前者の方が安くすみます。

なのでこの面からみてもそれほど大きなデメリットとは言えないでしょう。

RPAはAIとは異なり記録されたプログラムのみできます。これをデメリットにあげられることも多いのですがこれはシステムの仕組み上しょうがないことでは無いでしょうか。
コボットPlatformについて

 大変お待たせしました。さあ、紹介します。

「コボットPlatform」は、パソコン上のルーチン業務を自動化するための
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ソフトウェアです。5,000社のRPA運用実績を持つディップが生み出した「使いやすい」「適正な価格」「充実なサポート」をコンセプトとしたRPA製品です。

「使いやすい」使いやすい(直観的な)操作画面で、誰でも簡単にロボットを作ることができます。

「適正な価格」コボットPlatformは低コストで1ライセンスから導入可能なRPAツールです。

「充実なサポート」ロボットの開発と運用をサポートする専用ポータルサイトや、Eラーニング等のコンテンツをご提供します。

https://kobot.jp/platform/?_buyer=727&affiliateone_xuid=727,0,1272,xuidx757992f916x19d
個人的にはこのEラーニングが大きいと思います。
Eラーニングサイト(コボットキャンパス)ではいつでも学習することが可能です。
レベルに合わせた学習コースと実践的な演習課題が用意してあります。
そのため、いきなりRPAの導入が怖いと思っている方にでも自信を持って勧めることができます。

RPAの導入はディップ(https://www.dip-net.co.jp/)が導入支援サービスをしており、安心して導入できます。以下が導入の手順になります。

https://www.kobot.jp/cs/

いやいや、どこもこんなもんでしょ?

結局どこが優れてるの?

それはずばり導入の安さです。

 もはや、これを見ていただけた言うまでもありません。他の会社ではこの価格は出せないのではないでしょうか。

あとは、”やるかやらないかだけ”です

というわけで、記事は以上となります。

あとは”やるか・やらないか”だけの話です。


今はかなりRPAは話題になっています。

ですが、話題になれきれてません。

その理由は企業があまり導入していないからです。

そのため、成功体験も少ないのが現状です。

企業は新たなチャレンジを恐れて現状維持に走っています

。今の時代発展がとまりません。

その現状維持は果たして本当に“維持”できていますか?

最初は苦労するかもですが、”人間は慣れる”ものです。今から行動して一ヶ月後新たな世界に飛び込みましょう。




RPAの導入・運用でお困りなら【コボットPlatform】

社会
スポンサーリンク
おーちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました